● ウォーキング 

近所に公園があるのだけど、そこばかり往復して一周してもあまり面白くない。(人それぞれあるのだが)僕は知らない所に行くのが好きだ。

普段の時間あるときは片道40分~50分行って帰ってくる。自宅から四方八方、東西南北あちこち行った。

飽きてきたら片道二時間とか行ってバスで帰ってくることもある。しかし天気や気温に左右されて行きたくない、暑すぎるときも寒すぎるときも。

それほど興味はないんだけど。四季の花々を撮影するのも楽しい。

遠くまで歩いたときほど満足感はある。

ウォーキングで病気知らず
ウォーキングで病気知らず



 最近は心拍数をあげて(110-120) 歩いている。


犬を飼っている人はワンちゃんとの散歩があるので健康的にもいい。

運動好きの人や運動嫌いの人でも楽しければやるようになる。なにか楽しみを見つけて歩こう。

歩くことは有酸素運動。ジムに行って室内でバーベルとか瞬間的に筋肉を使うのは無酸素運動。無酸素は筋肉つけるのに良いのですが、僕は嫌いなんです。(疲れるから)

年に何度かはハイキングに行くのですが、そのときは運動ですがそれほど行かないし。やはり毎日や週に何度かするのはウォーキング。

整備された公園
整備された公園

 最近行った一番の長距離

JR堺市駅からJR天満駅(長居公園-あべのハルカス-黒門市場-道頓堀-船場センタービル-中之島公会堂-天神橋筋商店街(20km-5時間)

JR堺市から浜寺公園-鳳駅(10km-3時間)

 JR堺市から南海岸和田駅まで(25km-6時間)

ウォーキングの効果
  
生活習慣病の予防になる。病気が改善される。克服する。

体力がつくから新陳代謝がよくなる

筋肉もつくので、意識して歩くと身体全体が病気しにくくなる

公園や自然の中を歩くとストレスも忘れてなくなる。

気持ちのいい自然の中で身体を動かすと脳も活性化して認知症にもなりにくくなる。

運動は健康寿命を長くする

 
≪ 便秘は運動と体温  |  一日人間ドック体験 ≫