● 嫌いな人を好きになる方法  

 

● 自分が周りの人に好かれていて、(男性も女性にも)周りの人のことが好きだったらどれだけ人生が楽しいでしょう。
人を嫌いになるには理由があります。

僕も異性だけど性格が合わず、大人だからちょっと嫌味を言うだけで、内心は腹を起てていました。僕から見れば相手は自己中で、心のない話、喋りで口が軽いケチでいつも政治や事件にも怒っている。そういう人だから好きになれなかった。それは同じだがそれほど嫌いでも無くなり、良いところも見えるようになった。

自分に害が迷惑がかかる思うから 自分と考えが違っているから 相手に嫌われているから
 というような理由です。
 反対に利益を与えてくれるは好きになります。

 自分が好きになると相手も少しは好きになってくれます。
 以心伝心と言って、自分が嫌いな人は相手も嫌っています。

 「だらしない人、いいかげんな人が嫌い。愚痴っぽい人。自慢するから嫌い。自慢する人が嫌い」全部一応納得することです。
 嫌な人には冗談は言わない。
 


嫌いな人でも、一つでも良いところや自分に対するメリットを見つけてあげよう。
 嫌いだと思っている人を好きになるには、嫌いな人のいいところを探さなくてはいけません。

そしていいところを見つけたらほめましょう。褒めないと上手くいきません。
褒めると相手はいい気持ちになり機嫌がよくなります。それを繰り返すことで、いつの間にか嫌いな人を好きになれるのです。

褒めるところが見当たらない人。持ち物を褒める。家族を褒める。孫を褒める。すると相手も悪い気はしません
すごく嫌いな人がいても、ちょっとしたきっかけで相手への見方が変わって好きになることがあります。

 

嫌いな人を好きになる
嫌いな人を好きになる

僕も気にいられている同性にいろいろ貰ったりする。生き方や性格は好きでは無いのだが、ほとんど気にならなくなった
  
 


美人の嫁、彼女、友人でもいい、そんな人を連れていると、男性の友人や会社の上司から1ランク上に見られる。

しかし、女性がイケメン男子を連れていても結婚したとしても評価は変わらない。

 
≪ 行動心理学=メリットの法則  |  愚痴と不満はやめよう ≫