• このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼龍院花子。。。番外編 墓場まで持っていく暗い話。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimageXTYAUJ0M

引用元: ・奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2

964: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)20:10:27 ID:QHQ

吐き出し。
幼馴染を見捨てた。

近所に住んでいた幼馴染がいた。
幼馴染は何もかも私より上で、私は幼馴染の子分、引き立て役だった。

高校の時、下校中にナンパされた。ちょっと年上で悪そうな人たち。
カラオケに行こうと誘われ、幼馴染は付いて行こうとした。
私は本当に怖くて、逃げるように帰った。幼馴染は残った。
ナンパしてきた人たちも、目当ては可愛い幼馴染で私はどうでもよかったんだと思う。

翌日幼馴染は、カラオケが楽しかった、オゴリだった、アドレス交換したと嬉しそうだった。
今思うと、大人の付き合いっぽいことをしてのぼせていたんだと思う。
それをきっかけに、幼馴染はずるずると素行が悪くなっていった。
学校にもだんだん来なくなっていった。

幼馴染がいない学校生活は、別にどうってことなかった。
それまで、幼馴染がいないと私は一人ぼっちで困るんだと思っていた。
けどそんなことなかった。
幼馴染がいないほうが楽なんだと気が付いてしまった。

そして幼馴染は駆け落ちして姿を消した。
幼馴染の両親が泣きながらうちに来て、心当たりがないかと聞かれた。
何も聞いていなかったので、そのように答えた。
聞こうとも関わろうともしてなかったので、本当に何も知らなかった。

972: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)08:42:40 ID:70c
>>964
映画「鬼龍院花子の生涯」のラストみたいだ。

965: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)20:36:32 ID:QHQ

それから10年以上も経った。
幼馴染の失踪から数年で幼馴染の両親は引っ越した。
近所にひそひそ噂をされることが辛かったのかもしれない。
うちの母親にまで話を聞こうとする人がいたぐらいだから。

ある日、自宅の郵便ポストを覗くと、私宛ての封書が入っていた。
宛名を見た途端に、それが幼馴染の書く字だと分かった。
封筒はダイレクトメールの封筒を再利用した物だった。
中身も便箋ではなく、雑に千切ったメモ帳か何かだった。

書いてあった文は、幼馴染の両親の安否と連絡先を尋ねるものだった。
幼馴染の、現在の連絡先も書いてあった。
字は走り書きのような乱雑さで、誤字をさっと線で消して書き直した跡もあった。
どう見ても、幼馴染が幸せで元気であるようには見えなかった。

その手紙をそのまま捨てた。
幼馴染の両親に連絡を取ろうと思えばできたと思う。
うちの母親と幼馴染の母親は年賀状のやり取りをしていたから。
幼馴染からの手紙はそれっきりで二度目はなかった。

時々今でも夢に見る。
もしかしたらあの時たまたま幼馴染が困ったいただけで、今は普通に生活してるかもしれない。
でも、どうしてもそう思えない。
多分あの時、私は幼馴染の命綱を切ったんだと思う。

966: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)20:39:13 ID:lWy
黒い、黒いわ……奥さま
読んでて暗い気持ちになったわ
yjimageGQL3V9T5

967: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)21:51:20 ID:sEY
これは確かにリアル知人には言えんわ…

968: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)23:23:15 ID:6fK
直接投函したんかな?
極妻で悪い彼氏に騙されて田舎の温泉街の売春宿に売り飛ばされて
着のみ着のまま逃げてきた子の第一声が「お願い、ご飯食べさせて!」
だったの思い出したわ

969: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)00:55:27 ID:feR
切手は貼ってあった。
普段見ないような金額と柄で嫌な感じがしたから覚えている。
その時に戻って、悩んで悩んでやっぱり捨てる夢を見る。

970: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)01:19:24 ID:0bN
>>969
親も引っ越したんでしょ。親自身が捨てたっていうか諦めたんだから今更どうでもいいんじゃない?
幼なじみだって今は無理だろうけど、当時は住民票から住所辿れたはずだしね…
どうせ薬中にでもなってたかメンヘラだったからそんな雑な手紙だったんだろうし、助けてたら今頃逆恨みで粘着されてたと思うよ

971: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)01:37:04 ID:YTz
逆に娘を助けようとした親御さんが面倒に巻き込まれていたかも知れないしね
尼崎や北九州の事件のように…

973: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)08:56:54 ID:9IO
黒いかなぁ。自分に火の粉が降りかかりそうな時に逃げるのって…
私もやっぱり同じ事したと思うよ

974: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)09:11:20 ID:GUF
>>973
自分に火の粉が、って訳ではないでしょ、
この人の場合
だから黒いんだよ(スレ的に誉めてる)

975: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)09:21:40 ID:9IO

>>974
でも、親の住所教えたり
手紙でかかれてた住所に手紙を返信したり
その時アクション起こしてたら、自分にも何かしらあるかも
係わり合いになりたくない、って思ったわけじゃない?

ただ、火の粉が降りかかるほど至近距離、緊急ではなかったから
適当な言葉じゃなかったね。

「何かあったら嫌だから避ける」仕方ないよね。
黒いかもしれないけど、万人が理解できる黒さで「100点」だと思う

976: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)14:38:28 ID:XpS
駆け落ちした子、いたわ。
何年か前に自分たちの実家とは全く別の地域に出張中に、ラーメン屋で見かけた。
目立つとこにほくろがあったからその子だってわかったけど、もう地元には
彼女の親もいなくなってるし、彼女も自分の事わからなかったみたいだから
このまま黙って終わるだろうなー。

977: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)14:50:38 ID:MYq
「鬼龍院花子の生涯」前にも似たような話みたな
ここじゃなくて本家の墓場スレだったかな?
届いた手紙を細かくやぶいて畑に埋めただか

yjimage3UQD5BWW

979: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)00:01:33 ID:GYJ
私の黒い過去は養父は本当は結婚させられるはずの相手だったこと。
親に養父の家(第一次産業)に売られた。
養父は
「今更家にも戻れないだろう、うちも早朝は切実に人手が足りない。
まさか15歳の女の子に俺の年(当時養父40過ぎ)で手を出したりしないし昼間は高校に行かせるから働いて手伝ってくれ」と言われた。
養父は本当に養爺と養婆を説得し、しかも夕食後はすぐ「夫婦の部屋」に私は行っていい約束にしてくれた。
養父と同じ部屋に寝ていたけど一度も手は出されていないし、着替えの時も養父の方から出ていってくれたし、高校も行かせてくれた。
簿記の資格も高卒一年目でなんとかとって、養父の家業を本格的に手伝った。
養父はその時期も同じ部屋だけど手を出したりしないでいてくれて、石女と騒ぐ養爺と養婆からも守ってくれた。
21歳の時、養婆が死んだ。
その時養父から養子縁組を頼まれた。
実は養父は色盲で、子供に遺伝させるのが不憫で子作りはしたくなくて、でもこの家業は誰かに継いでほしいから、と。
養子縁組をして、その頃にはもう寝室も別で本当に親子のような関係だった。
26で旦那と知り合って婿養子に来てもらって子供も生まれて子供はもうすぐ私が養父と出会った都市を超える。
旦那には実両親の虐待を見かねて養父が引き取ってくれたことにしてある、これはむしろ養父の希望。
養父は今は入院しているけど、孫が待ってるんだよ、絶対治ってね。

980: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)01:17:07 ID:3F2
>>979
16の子供に石女って…ババアが毒だっただけで、養父もその父親もちゃんとした人だったんだね
親孝行だね、婿取って孫もなんて。養父の回復を祈るよ

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)