• このエントリーをはてなブックマークに追加

驚愕!!!え???イベルメクチンで肝臓癌が治るの~?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimage
1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:13:15.52

大村氏の薬、別の感染症にも効果 イベルメクチン、WHOチーム – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015110501001696.html

ノーベル医学生理学賞に決まった大村智北里大特別栄誉教授らが開発した薬イベルメクチンが、感染症の「糞線虫症」にも高い効果があることを南米エクアドルでの20年以上の調査で
裏付けたと、世界保健機関(WHO)などのチームが5日付の米科学誌に発表した。

チームは、本来の治療目的である「オンコセルカ症(河川盲目症)」の撲滅後も、感染症の恐れがある住民に広く投与を続けるべきだと訴えている。

糞線虫症は、熱帯を中心とする寄生虫が原因の感染症で、呼吸障害や下痢などを起こし重症化すると氏亡する。国内では沖縄などに患者が発生し、イベルメクチンが治療に使われている。

引用元: ・【医学】大村氏らが開発した薬イベルメクチン、感染症の「糞線虫症」にも高い効果 WHOなど

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:18:40.08 ID:KSzIy60o.ne
「糞線虫症」なんて名前のイメージからすると習近平や朴槿恵が罹病してそう
だけど、どうなん?

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:25:50.71 ID:DEHrE6j7.ne
20年もかかったのか

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:26:18.41 ID:KJwBI8Cm.ne

社会的意義は素晴らしいけど
>国内では沖縄などに患者が発生し、イベルメクチンが治療に使われている。

既に治療薬として使われている物を、科学「ニュース」は無いだろうと。

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:28:55.17 ID:aqyJWdyK.ne
>>5
新しい意義が見出された時点でニュースだろ
池沼かお前

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:40:21.62 ID:3s9nlHhD.ne
ヒゼンダニにも効くよ

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 22:42:29.35 ID:G9DZkd1Q.ne
3億人救ったとか言うけど、それだけの人数がいたら
耐性できた人種が生まれるだろ

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/07(土) 23:03:30.59 ID:HC5beXQg.ne
>>12
人種?そもそもイベルメクチンは人間に効かないから耐性も何もない
寄生虫の話なら、既にイベルメクチン耐性の寄生虫は出てきている
畜産業で問題になってるし、フィラリアでも報告がある

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/08(日) 08:19:43.05 ID:eH9si3qA.ne
治療できるなら、それはそれで良い
まだまだ応用できそうだな

38: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/22(火) 00:45:34.85 ID:dxQJZs++.ne

細菌やカビを純粋に培養するのではなくて、
お互いにライバル同士、生存競争をかけて
氏闘をしているような微生物同士を一緒に
同居させて培養してやり、互いに緊張関係
でもって殺し合いをさせることにすれば、
単独で抗争もなくのほほんと平和に暮らし
ているときは出さずに済むような、強い
抗菌物質や抗細菌物質を微生物に分泌させ
ることができるのではなかろうか? 

 つまり、普段は隠している能力を呼び起
こすことができるかもしれない。敵からの
毒物を浴びることで、敵からの防御のため
に抗生物質を産生する遺伝子も眠りから醒
めて発現するかもしれないだろう。

昔から、毒虫を各種集めて狭いところに入
れてやると、より強い毒を出すようになる
云々というような(怪しい)話しもあったと思う。

41: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/27(日) 13:09:35.73 ID:Y0KqN/s4.ne

43: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/27(日) 22:32:31.42 ID:2LXzNOlB.ne
ダニに効くなら、ツツガムシ病の予防薬になるかもなぁ
すごい薬だな

こんな薬が、

早く見つかっていただ川島なお美さん

もっと長生きできたのに~残念です。

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)