• このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頸がんワクチンって まるで重篤副作用オンパレードのデパートの様や~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimageHNPHNJ2C

引用元: ・■ 男児にも子宮頸がんワクチンを ■

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/02(水) 21:29:41.51 ID:2KzVHtEG.ne

「がんを防げる唯一のワクチン」という詐欺

子宮頸がんの原因は「ヒトパピローマウイルスであろう」ということで
このウイルスは100~200種類もあるのだが
この中の16型と18型のみワクチンは有効だ!と主張している。
つまり
たった二つの型のウイルスを防ぐという「成果?」をひっさげて
子宮頸がんワクチンは
    「がんを防げる唯一のワクチン」
と言って誇大宣伝した。

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/02(水) 23:39:36.21 ID:2KzVHtEG.ne
役に立つワクチンと、そうでないワクチンがある
ということか

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/03(木) 18:32:46.16 ID:jQ8smrEz.ne
世界中で、種痘ワクチンのおかげで天然痘は撲滅された。
イギリスでは、国内の天然痘患者が2~3人になった時点で
種痘ワクチン接種を止めた。
しかし日本では
国内で天然痘で氏ぬ人がいなくなっても種痘ワクチンで氏んだり、
寝たきりになったりと、乳幼児100人以上が犠牲になった。

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/06(日) 21:27:38.37 ID:24BSeQEr.ne

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんを予防するわけではない

“子宮頸がんが減少するという効果”が期待されるものの
実際に達成されたという証拠は未だない

と、厚労省自身も認めている。(平成22年の小委員会にて)

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/08(火) 00:45:50.09 ID:42SfALO1.ne

むかーーし、13世紀に
モンゴル軍がヨーロッパに攻め込んだとき
城郭都市の壁の外から
ペストで氏んだ蒙古兵を投げ込んだため
都市住民にペストが蔓延した。

17世紀、アメリカに渡ったイギリス人は
先住のインディアンたちに
天然痘患者の毛布をプレゼントした。
ーーーイギリス人は免疫があったがーーー
こうして新大陸に天然痘が持ち込まれ
インディアンが殺された。

71: まーがれっとちゃん-1 投稿日:2015/09/11(金) 12:09:48.64 ID:uUehG4YB.ne

子宮頸がんワクチンを製造したグラくそ・スミスクライン社の
“サーバリックス”の添付文書には、
予防効果が確認できた期間は、最長9.4年間にすぎない!
と書いてある。

▲現在までに1回目接種後、最長9.4年間までの
予防効果が持続することが確認されている。
▲本剤の予防効果の持続期間は確立していない
▲抗体価と長期間にわたる感染の予防効果
および子宮頸がんとその前駆的病変の
予防効果との相関性については現時点では明確ではない

と、書いてある。
つまり、12歳でワクチン打っても
20歳になる頃には効果がない!ということだ。

72: まーがれっとちゃん-2 投稿日:2015/09/11(金) 12:11:42.58 ID:uUehG4YB.ne

そもそも子宮頸がんで氏ぬのは80歳以上の高齢者が多く
大腸がんで氏ぬ女性のほうが10倍多い。
思えば
東日本大震災のときテレビでくり返し流されたCM。
女優の仁科明子さんが笑顔でくり返した
「子宮頸がん・・・検診を・・・」って。

このCMで、「怖そうな病気なんだな」と
全国民に周知され、耳慣れた病名となった。

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/13(日) 12:19:04.86 ID:kCRulmPH.ne

子宮頸がんワクチンは副作用の発生率が高くて
インフルエンザワクチンの約40倍だ!
遺伝子組み換え技術を使い、アルミニウムも入っている からね。

重篤な副作用の、まるで≪デパート≫だ。

74: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/09/14(月) 21:44:49.72 ID:XY+JBN8z.ne

子宮頸がんワクチンは日本に導入される数年前から
ワクチン先進国で大量に接種されている。
世界中で独占的に販売されていながら
なぜ5万円もするのか!?

ビタ一文まけるつもりがないのは
新薬開発には巨額が投じられてるから、と言う理由だが・・・・
現実は・・・・世界的なグローバル製薬会社は
ほとんど新薬の開発をしていない。

「補助金」というアメリカ国民の税金をもらって
アメリカの公的機関や民間が新薬の研究開発をしている。
製品化できそうな研究成果を見つけたら
欧米の製薬会社が特許料を払って新薬として売り出すのだ。

これら製薬会社は研究開発よりも
マーケティングやロビー活動に巨額を使っているが
儲けは100倍にもなる。
つまり「強欲資本主義」だから50000円もするのだ。

効果の期待できない薬ほど巨額の「宣伝費」をつかう。
子宮頸がんワクチンがそのよい例だ。

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/09/16(水) 07:32:24.08 ID:T6mEL4hF.ne

訂正。 NPVじゃなくてHPVワクチンでした。
通称「子宮頸がんワクチン」のことなんだけど

政府は「子宮頸がん」という名を頭につけることで
あたかも子宮頸がんを予防する、と思わせた。詐欺だ。

「がんを予防したという実績はない」と厚労省も認めている。

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)