• このエントリーをはてなブックマークに追加

美容整形で、もっと人々が幸せになれますように。。。。やっぱり美しくなるために受けたものが反対に醜くなったなんて。。目も当てられ無し。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimage
1: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/05/03(金) 14:38:47.00 ID:yeyU//OX

日本の美容整形技術

日本人の美容整形技術は世界一

日本人は何でも自虐的だ。
西洋人に容姿が劣ると劣等感を持っている人も多いが、
これまでの歴史で、傑出した西洋人には日本人が多い。
デヴィ夫人までそうだとは言わないが、
ウクライナのティモシェンコ前首相などは、
純粋の金髪美人と思ってしまうほどだ。
(仮説を含む)

引用元: ・日本の美容整形技術

44: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/01/25(土) 18:13:41.47 ID:KkERvI60

圧倒的に現実だろ。
結局産業としての認知度、社会的地位に左右される要素だからな。
昔と比べれば大分整形にたいする忌避感も薄れて、美容整形医の
社会的地位もマシにはなったとは言っても、それでも日本では
まだまだ美容整形に対する理解がない人も多いし、それに付随して
美容外科医を他の医者より一段低く見る人間が多いからな。
必然的にそれなりのレベルにしかならん。

まあ、10年後、20年後は分からんが、医学部に入る人間の中に
最初から美容整形外科医を目指してますって人間が特に珍しく
ないくらいにならないと、整形大国であるお隣の国には
追いつかんだろう。追いつく必要があるかどうかは知らんがw

3: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/05/04(土) 19:08:21.42 ID:lLMRvOGe
美容整形のギジュツは韓国が世界一。
誰もが認める事実。

27: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/11/06(水) 19:36:10.33 ID:LXJ9lrFs

まあどっちかっつーと
結局、美容整形に対する考え方が違うわけで、日本だと整形は
どっちかつーと後ろめたいって観念がまだ強い。
そのため美容外科医の社会的な地位は決して高いものではないし、
結果的に美容外科医になる人間も最初から美容外科を志望してた
人間って滅多にいないだろう。
文化として、整形するのが当たり前の行為として受け入れられてる
国とでは産業としての規模が違うし、提供する側の競争レベルも違うと
考えるのが極めて自然。

日本でも徐々に美容整形に対する抵抗感は薄れていってはいるわけで、
20年後30年後になれば分からんが・・・

9: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/05/29(水) 07:24:26.94 ID:/n47v5oy
韓国の美容整形への執着は、一般的な目と鼻の美容整形を超えて、
数か月間の苦痛を伴う回復を要する過激な外科手術の導入にまで進んでいる。

10: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/06/08(土) 08:06:45.15 ID:dilajzYl
韓国の人気テレビショーでは、顔にメスを入れて整形することは、
一部の人にとっては単に容姿だけではなく、
生活も大幅に改善されるとする事例を紹介している。

12: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/06/28(金) 00:21:25.26 ID:Wx0LfbPU

かねてから

「自然のままが一番美しい。だから私は美容整形に興味がない」

と断言していた女優のキャメロン・ディアスだが、
ここ1年ほど前には“方針を変えて美容整形外科医のもとに
通い始めた”と報じられてしまった。
ハリウッドのアラフォー世代の女性たちは、その本当に多くが

「ここで生き抜くにはお金をかけて然るべき施術を受けなければ」

とアンチエイジングに夢中である。

しかし現在のキャメロンは本当にナニもしてもらっていない様子。
ニューヨークで21日、ニコライ・コスター=ワルドーとの共演で
来年春に全米公開が予定されている新作映画
『The Other Woman(原題)』
のセットで、そんなキャメロンのどアップ写真が撮られてしまった。

14: 名無しさん@Before→After ID:gVoluM1P

韓国人をはじめとするアジア人女性らの間で急速に広まっている美容整形。
その多くは高い鼻や二重まぶたなど、白人の顔の特徴をモデルとする手術のようだ。
米デトロイトの美容外科医、アンソニー・ヨンさんは、韓国系としての立場から
この風潮に疑問を投げ掛ける。

「ヨン先生、うちの子は器量が悪いのです」――十代の韓国人少女、
ジェーンさんが母親に連れられて診察室を訪れた。「このみっともない鼻を直し、
目をぱっちりさせて二重まぶたにしなくては」と、母親は力説する。
ヨンさんはジェーンさんに問い掛けた。「あなたはどう思う? 手術を受けたい?」

ジェーンさんはじっと床を見つめていたが、やがてうつむいたままこう答えた。
「はい、たぶん。お母さんの言う通りでいいです」

21: 名無しさん@Before→After 投稿日:2013/09/11(水) 13:07:14.47 ID:pGqMeleW
美容整形外科医が「完璧な女性」を
自ら作り上げて結婚したと話題

39: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/01/06(月) 22:25:00.09 ID:+NKNi8Ni

鼻尖形成手術の被害者:詳細レポート

整形にはリスクがあると言う事を知って下さい。

42: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/01/22(水) 23:02:40.11 ID:pPdyPmkh
ローラって実は努力家なんですね。
例えば、どんなところかっていうと、美容にはものすごく気を使っているそうです。
あれだけバラエティ番組の収録・ロケや、雑誌の撮影で忙しくても、週に3~4回はジムに行っているようです。
食べるときにも、食べ方の順番に気をつけているようです。例えば、サラダから食べる。
これは、野菜を先に食べることによって腹をある程度満たし、
炭水化物や油を取り過ぎないようにできる働きがあります。
そして髪の毛に関してはもっと凄いんです。
なんと、一週間に1~2回はトリートメントに通うそうです。
顔のお手入れに関して言うと、パックはしないようですが、
その代わりにクリームをピカピカに成るまで沢山塗っていると発言したことがあります。
その理由も可愛らしいんですけどね。パックだとおしゃべりできないからだとか。
ここはローラらしいですね笑。

51: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/04/13(日) 14:58:14.77 ID:TmdWSqJn

“整形失敗”で事故が多発!

整形で、“悲劇”が相次いでいる。整形による事故が多発しているのだ。

整形外科であごを削って鼻を高くする手術を受けた後、突然意識を失った。
総合病院に運ばれたが、9日後に息を引きとったという。
整形手術後の患者が亡くなったり、意識を失い、氏亡する事故が相次いでいる。

氏に至らないケースでもトラブルは多発。
整形医療手術による事故は4450件に上るという報道もある。
しかしこれは氷山の一角である。

五本木クリニックの桑満おさむ院長は、実態をこう指摘する。
「問題は多々あるが、医師が見よう見まねで外科手術を行っているケースが多い。」と苦言を呈する。

メディアはさして報ぜず!
以前から整形事故やトラブルが起きているがその実態についても、新潮など一部の誌面では警鐘を鳴らしているが、
スポンサーに配慮してか、新聞、テレビによるメディア報道が極めて少ない。
メディアは相変わらず、整形のイメージ悪化を防ぐために事故隠ぺいを続けている。

52: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/05/07(水) 08:43:14.01 ID:1eqjciMy

“まるでドビー” 日本のAV女優の整形が海外で話題 社会的な問題と指摘する声も

モデルでAV女優の七瀬リナさんの度重なる整形手術に、ネット上で波紋が広がっている。
海外メディアはやり過ぎと批判、社会問題の一面として報じている。

英デイリー・メール紙は、「日本のAV女優が度重なる整形手術で“ハリー・ポッターの
妖精ドビー”のような外見に」との見出しで報じている。25歳の七瀬さんは、
昨年末からツィッターで自身の整形手術の手記を記した。

豪シドニー・モーニング・ヘラルド紙によると、2013年8月、七瀬さんは17歳当時の写真を投稿し、
自分の“団子鼻と目、小さすぎる顎”を批判した。今年に入ってから鼻、顎の再建手術、豊胸、
二重手術、脂肪吸引をしたのではと報じている。

ツイッターには、再建手術のために耳の軟骨を除去されて、
「耳が痛い・・・鼻も痛い」とのコメントがある。また鼻を石膏で固めた写真や
、まぶたの縫い後が腫れた写真も投稿するなど、痛々しい回復の過程がつづられているという。

53: 名無しさん@Before→After 投稿日:2014/05/21(水) 07:57:37.34 ID:gi63zT+i
米女優ニコール・キッドマン(46)が、「2度とやらない」と宣言していた美容整形に
再び手を出した疑惑が浮上している。カンヌ国際映画祭のオープニング作品
「グレース・オブ・モナコ皇公妃の切り札」のプレミア上映に登場した際、目元が腫れ上がり、
しわが1つもない顔が「あまりに不自然」と話題に。キッドマンは昨年、
顔のしわを取るためのボトックス注射を行ったことを認めていたが、能面のような表情になるため、
「女優として表現力が損なわれるので2度とやらない」と語っていた。
しかし、今回のキッドマンの顔を見た多くの美容整形の専門家が、
「ボトックスを再び使用したことは間違いない」と語っている。
*****************************
(管理人)
自分の体にメスを入れ美しくなり、自信をつけ生きいきと生きていける人が得ることは良いことだと思うが、肝心な医者の腕の方がどうなのだろうと思う。。。
失敗とかも隠さず、どんどんと腕を上げるために情報公開をしてくれることを望みます、それとともに、そこまでしないでも、あなたはそのままでも美しいんだよ♪と 思える何かがほしいですね。

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)