• このエントリーをはてなブックマークに追加

男児にも子宮頸がんワクチンを…おいおいおいおい、恐ろしいことを言うなよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimage9DCSVTDN

引用元: ・■ 男児にも子宮頸がんワクチンを ■

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/08/05(水) 12:54:11.84 ID:KbYX5xFN.ne
そもそも子宮頸がんで氏ぬ人は高齢者
大腸がんで氏ぬ人の10分の1だ。
ワクチンメーカーですら「9.4年しか効果ない」って説明している。
「効果が期待される」という説明文を
日本の“専門家”たちが
「子宮頸がん撲滅!」と翻訳間違いを犯したか?

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/08/06(木) 18:07:48.69 ID:46h2F8qb.ne
●詐欺にも等しい広告
子宮頸がんワクチンは
「がんを防げる唯一のワクチン」

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/08/07(金) 21:36:25.08 ID:BTKWrkA6.ne
ワクチンは劇薬だ。
予防接種後の異変はワクチンの副作用として考えるべき!

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/08/07(金) 22:14:18.96 ID:BTKWrkA6.ne
インフルエンザワクチンが幼児に効かないことは厚労省も認めている

46: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/08/09(日) 00:04:11.60 ID:J40x7x2w.ne

今は平気でも、先々に何か起こるかもしれないから
通常、先端的な薬剤を売り出す場合は
「市販後調査」というのを製薬会社はしなければならないが
子宮頸がんワクチンの場合は
「世界初」のがん予防ワクチンだ!とハデに宣伝していながら
接種した少女たちの長期的追跡なんてやっていない

政治家も追跡調査には興味ないようだ。
免疫のエキスパートが入っていない「検討部会」にまかせたままだ。

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/08/09(日) 21:43:02.86 ID:J40x7x2w.ne
「インフルエンザワクチンは重症化を防ぐ」  その証拠はどこにもない

48: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/08/09(日) 22:22:57.20 ID:J40x7x2w.ne

本当に子宮頸がんの原因は性交によるHPVの感染なのか
ガンになるメカニズムは不明のままだ。
ヒトパピローマウイルスが子宮頸がんの原因である!とされているが
どこまで本当なのか日本で検証されたわけではない。
検診で防げる病気であるのにもかかわらず
「子宮頸がん怖い怖いキャンペーン」で国民を脅した。
「女性を守りたい」とかなんとか言って
子宮頸がんワクチンは・・・・ガンの人を探す必要はない。
そこらへんにいる健康な人に打てばいいのだ。
打ちさえすりゃあ、5万円という大金をを税金で払ってくれる。

世界中で独占的に販売されていながらなぜ5万円もするのか!?

新薬開発には巨額が投じられてる・・・・と言うのは嘘だ。
世界的なグローバル製薬会社はほとんど新薬の開発をしていない。
「補助金」というアメリカ国民の税金をもらって
公的機関や民間が研究開発をしているのが昨今の実情だ。
その成果に対し、欧米の製薬会社は
特許料を払って新薬として売り出している。
   製薬会社は研究開発よりも
   マーケティングやロビー活動に巨額を使っているが
   儲けは特許料の100倍にもなる。

52: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/08/11(火) 14:45:12.88 ID:CX1LzgUZ.ne
インフルエンザワクチン摂取量が急激に落ち込みだした1989年頃
―――製薬会社を救済する (天下り先を助ける)ためにーーー
厚生省は、MMR(はしか、おたふく風邪、風疹)ワクチン接種を
大々的に宣伝してスタートさせた。
4月に導入されてすぐ無菌性髄膜炎が多発!
副作用が多く出たので、カナダ、ベルギー、フランス、イギリスは、
MMRをすぐに中止させたのに、
依然として日本だけは子供に打ち続けた。

53: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/08/11(火) 14:46:36.83 ID:CX1LzgUZ.ne
MMRというワクチンは
おたふくかぜと風疹のワクチンは、人々が打ちたがらないため
効果の高い“はしかワクチン”に乗っけて、
「一緒に打ってもらおう」と言う作戦で出来たワクチンです。
早く売りたいがために(早く儲けたい)
安全性も確認せずに世に出され、被害続出!
発売から5年たってから中止されました。
結果、日本では5名の氏亡を含む
1700人以上の副作用被害を出すと言う最悪の結果を残すことになった。

54: まーがれっとちゃん 投稿日:2015/08/11(火) 14:50:12.89 ID:CX1LzgUZ.ne

非難を浴びた厚労省がしばらく鳴りを潜めているうちに
09年、緊急に新型インフルエンザの外国製ワクチンが導入され
なしくずし的に免疫増強剤アジュバント入りワクチンが跋扈する。
子宮頸がんワクチンにも当たり前のように2種類のアジュバントが入っている。
この免疫増強剤がヒトの免疫系を破壊している可能性は大きい。

ガンという長期間かけて成長する病気を防ぐには
効果が長期間持続する必要性があることから
子宮頸がんワクチンは「特別に抗体価を高く保つように設計」されている。
ワクチンメーカーの添付文書にはハッキリ

「感染を防ぐために
どれだけ高い抗体価が必要なのかなど、わかっていない」

と、書かれている。
つまり、いまだ手探りの状態なのに
私たちは「子宮頸がんを防ぐ!」と思い込まされている。

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)