• このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイが語るなが~い美と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事
yjimageSQV0EOMO

30: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 02:33:29.69 ID:X35ggvDd0.n

>>13
人間より体温の高い動物の肉は、人間の血を汚す
と医学的に判明しています。

【人間より体温の高い動物】
牛、豚、鳥、羊、鹿、馬
ニワトリの体温は42度です。その他も38度以上。

【人間より体温の低い生物】
魚、貝類、甲殻類、海藻、畑の植物
冷たい水の中で生きている魚介類は基本的にすべてOK

その魚の中でも出来るだけ「人間よりサイズの小さい魚」
の方が良いそうです。
マグロなどは体長4メートル体重400kgなどを超える
大型生物であり、人間よりサイズの大きい魚なので生態濃縮
の危険もあるので、程々が良いそうです。
できれば普段はアジやサンマやカレイや海老や貝など小型の
魚を丸ごと生で食べるのが最も健康に良いそうです。

今日本の海に浮遊している放射能も、小型魚よりも大型魚のほう
が濃縮されていてヤバいそうです。
マグロは海の中のハンターの頂点であり、いわば陸上のライオンの
ような存在で決して食べられる側にはならず常に食べる側の肉食ハンターです。
こういうハンターの頂点は、あまり食べないほうが良いんだそう
です。(これを生態系の頂点捕食者という)
だからクジラとかサメの大型ハンターの肉も良くないんだそうです。

ちなみにマグロの消費量世界一の国は、日本です。
日本人は世界一マグロが大好きです。
マグロ一匹で1000万円で売れますしね。
マグロの赤身は牛肉をも凌駕するほどの旨みと肉肉しさが
あって美味しいから、寿司屋でも一番人気だそうです。
インド洋や大西洋などの輸入マグロのほうが国産より安全です。
(マグロはかなりのスピードで泳ぐので福島から東京湾を越えて
平気で九州まで移動してきます)

14: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/25(月) 17:00:29.33 ID:B3SpOskq0.n
病気にならないことが美容を保つ秘訣だよ。エイズになると全てが終わる。薬の副作用で肌がおかしくなり、何もかも劣化する。

15: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/25(月) 18:06:30.85 ID:T74mXpyu0.n
昆虫食、イナゴOK、蜂の子OK、漢方でミミズと蟻?進んでは食わないわ。

19: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 00:54:30.22 ID:X35ggvDd0.n

「人間の胃袋で消化にかかる時間」

生フルーツ・・・・・・・・30分(バナナだけ40分)
加熱した野菜・穀物・・・・約60分
生の魚の刺身・・・・・・・約60~120分
加熱した肉魚・・・・・・・6時間


ただでさえタンパク質は「生で」も分解に時間がかかるのに
それを焼いたり煮込んだり加熱してあるとカチカチに凝固した
タンパク質は胃袋が6時間もかかってやっと分解するらしい。

それでも食べた分全部は消化しきれないので、当然未消化の
ままの余ったタンパク質がそのまま小腸へ送られるんだって。
悪玉菌ってのは、この未消化タンパク質だけをエサに繁殖し
腸内腐敗を起こさせるんだって。
逆に善玉菌ってのは植物に含まれる糖質や繊維だけをエサに
繁殖するらしい。

ヒトを使った5日間の実験でカツドン、牛丼、餃子、ステーキ、
焼肉、焼き鳥など加熱肉オンリーの生活を5日間続けてもらった
結果、

実験開始前・・・・腸内の善玉乳酸菌の数約5億
実験開始後・・・・腸内の善玉乳酸菌の数約1億

と、たったの5日間お肉ばかりの生活をしただけで腸内では
劇的に善玉菌が死滅し、代わりに悪玉菌が増えたそうだ。

21: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 01:11:34.69 ID:X35ggvDd0.n

生命の終わりは、酵素が尽きた時である。

と言われるほど人体のメカニズムはすべて「酵素」によって
支えられている。
みんなが大切だと思っているビタミンやミネラルやタンパク質
なども、この「酵素」を支える為の「補助」に過ぎない。

いくらタンパク質やビタミンをたくさん食べても「酵素」が
なければ上手く起動しないわけ。
パソコンでいうなら酵素はハードディスクみたいなもん。
いくら電源フル満タンにしてもハードディスクが起動しないと
意味ないでしょ?

そして人間の体で一生涯に分泌できる酵素の量は生まれた時
からすでに決まっている。
だから酵素をムダ遣いしたヒトは、寿命が縮まる。

ライオンもうさぎもネズミも鹿もみーーんな同じ。
だから野生動物は本当に必要な分しか食べない。
野生動物は病気になったらクリニックに通うことも出来ないし
食べ過ぎたら「死に直結」すると言うことを本能で分かってる。

肉食の王様みたいに言われてるライオンだって一回食べたら
その後20日間くらいは何も食べずに絶食する。
胃袋を一回消化に使ったらどのくらい疲労するか知ってるから。
あとはゆっくり休ませる。

われわれ霊長類も含めて全ての動物は「いつ食べ物が捕獲できる
か分からない」野生の中で強く生き残ることを前提に作られている
から、何も食べない状態にはとても強く出来ているし、何も食べない
期間に体内の老廃物を処理して毒素を排出したり(デトックス)
臓器のメンテナンスなどを行って次の食事に備えて準備を整える。

しかし「いつでも食べ物がありふれてる状態」など野生には存在しない
から「食べすぎ」にはとても弱く、食べすぎが続くと命に関わる病
になってしまうように出来ている。
それは生態系の頂点であるヒトがもし野生動物を食べすぎたら野生の
世界はみんな動物がいなくなって崩壊してしまう。
それを防ぐ為にあらかじめDNAに仕掛けられた自然界の仕組みとも
いえる。

23: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 01:24:08.75 ID:X35ggvDd0.n

肉を食べればスタミナがついて強くなる!

というのは、真っ赤な嘘である。

それどころがスタミナは一気に落ちるという事が判明した。

実際にイギリスの教育番組では、白人の男女40名を2つの
グループに分けて

白組20名・・・・穀物やフルーツだけの食事
赤組20名・・・・肉卵チーズだけの食事

を2週間与えて、まったく同じ運動能力テストを行った結果
持久力、スタミナ、パフォーマンスのすべてにおいて白組が
勝利したという結果が出た。

肉が体に悪いというよりも消化に酵素を奪われて内臓をものすごく
疲労させてしまった赤組は身体能力が一時的に落ちた、と言える。

24: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 01:27:52.27 ID:X35ggvDd0.n

また筋トレをする際も、ある程度の糖質を補給しておかないと
筋肉はうまく発達しない。
筋肉は1600gものグリコーゲンタンクと呼ばれるタンクをもって
いて、この1600gは水分とブドウ糖が結びついたもの。
このグリコーゲンが筋肉中にたっぷりある状態で初めて筋肉は
うまく起動し、そして発達することが出来る。

プロテインだけ飲んで筋トレをしていても臓器の負担になるだけ
で、少ないグリコーゲンはさらに枯渇しガリガリマッチョになり
スタミナの切れやすい、持久力のない弱い体になる。

バナナだけたっぷり食べて握力500kgのゴリラがそれを
証明している。

25: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 01:35:07.27 ID:X35ggvDd0.n

だからといって、肉を絶対に食べるな!と言ってる訳じゃない。

要は、できるだけ消化酵素の無駄遣いをしない食べ方を
すれば良いのだ。

お勧めは「鮮魚の刺身」である。
幸いな事にわれわれ日本人は四方を海に囲まれた島国で
鮮魚は豊富にあるし、それを「生で」食べる習慣がある民族だ。

新鮮な生の魚肉には自己消化酵素がたっぷり含まれている。
つまり人間の胃液をそれほど使わないでも消化しやすいタンパク質
なわけだ。しかも生の刺身で食べればオメガ3やビタミンなど
豊富な栄養も摂取できる。

しかし魚を焼いてしまうとタンパク質は熱変性を起こしカチカチに
凝固して、DHAやEPAなどを含むオメガ3はあっという間に酸化して
過酸化脂質になってしまう。

焼いた魚と、鮮魚の刺身では、もう天と地ほどの差がある。

毎日刺身を食べる必要はないが、たまに動物性タンパク質を
補給する際には是非「鮮魚の刺身」をオススメする。

鮮魚市場へ行けば丸ごと一匹の新鮮な魚を目の前でさばいて
くれるし、鮮魚丼なども安い値段で食べられる。

牛丼生活をやめて、ぜひ鮮魚丼へと変えて頂きたい。

【結論】魚は加熱するな!生で!

27: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/27(水) 01:52:48.70 ID:X35ggvDd0.n

納豆などの植物性タンパク質が消化に良いと言われてる理由は
植物性だからではなく、納豆菌つまり真菌類の微生物が大豆の
タンパク質や糖質をすでに分解している途中だからである。

人間の胃腸にもこういった「微生物」が棲みついているので
胃液で分解された食べ物をさらにこの微生物が分解してくれて
初めて私達の腸壁で吸収可能な栄養素となる。

豆乳に関しても固形分を絞った液体なので、焼いた肉などより
は消化にそれほど負担がかからない食べ物と言える。

ヨーグルトや牛乳など乳製品に含まれるカゼインというタンパク質
は胃の中ですぐにカチカチに凝固してしまい、これは日本人の消化
酵素ではなかなか分解できず、腸内の悪玉菌の元になる原因とも
言われているので、新谷先生は乳製品を一切進めていない。

また腸壁に出来てしまった「ポケット」は一度出来たら二度と
治らない。日本人の10名に1名はポケットが出来ていて、
40歳以上によく見られ70歳以上だと2名に1名はポケット
が出来ていて90才を過ぎると全員にポケットが出来てるそうだ。

しかし肉や乳製品を子供の頃から食べている現代人には20歳台
や30歳台でも腸壁にポケットが出来ている日本人が多いらしい。

もともと欧米人(白人)の腸は肉食に強く出来ているので、ちょっと
やそっと肉や乳製品を食べたくらいではポケットが出来ずらい
らしい筋肉質で短い腸らしい。
しかし農耕民族の日本人の腸は、もともと菜食向きに作られている
柔らかく長ーい腸なので肉の腐敗ガスですぐにポケットがボコボコ
出来てしまうんだそう。

新谷先生のオススメは
玄米雑穀、根菜類、ワカメなどの海藻、キノコ、豆類、ナッツ、
ほんの少しの魚や肉(出来れば生で)、いわゆる粗食だ。

新谷先生は19歳のときに一回風邪を引いたきり、現在81歳まで
ただの一度も風邪をひかず病気にもなっていない現役医師です。

34: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/28(木) 00:17:45.34 ID:XebtnkHE0.n

やだ、私ここ何日か、ヨーグルト食っては
これで善玉菌増えたわね、しめしめ
ぐらいに思ってたわw

実際、ヨーグルト食った後って、わりとイイ感じのウンコが出るから、
体にいいんだと思ってたの。
食中毒と同じ状態が軽く起こってたのね、こわっ

40: 陽気な名無しさん 投稿日:2015/05/28(木) 03:26:57.63 ID:rUDzwYNf0.n

人間の腸壁ってツルンとして見えるけどマイクロスコープで
観察すると腸壁にフサフサとした繊毛(せんもう)という
細かな糸のようなものがビッシリ生えていて、その繊毛で
栄養を吸収する仕組みなんだって。
でもこの繊毛はあまりにサイズが小さすぎてタンパク質の
分子なんかは通り抜けられないんだって。
でも腸内に生まれつき棲み付く善玉菌達がせっせっと食べ物
を分解してバラバラにしてアミノ酸のように小さな最小単位の
サイズへと変えてくれる事によってやっと初めて繊毛はアミノ酸
を吸収できるんだって。
つまり腸内細菌がいなければ私達は何を食べても吸収できない
らしいよ。
私達は腸内に飼っている微生物へエサを与えているだけ。
この微生物が口から入った食べ物を分解してビタミンB1や
ビタミンB7なども勝手に作り出してくれる。

合成ビタミン剤を飲んでも細胞のレセプター(受容体)はそれを
受け入れないで拒否するらしい。でも腸内細菌が作り出したビタミン
やフルーツの天然ビタミンだと人間の細胞のレセプターはしっかりと受け取る。
このレセプターってのが超優秀で偽者(合成)と本物(天然)を
ちゃんと見抜くんだって。
偽者は「部外者」として体外へ追い出そうとする。
いくら合成ビタミン剤飲んでも細胞で使われなければ排泄される
だけで意味ないよね。
人間の免疫システムって警視庁の指紋認証システムばりに優秀。
絶対に「異物」は受け取らないように出来ている。

この腸内(善玉)細菌が少ない人は体内でビタミンなどを作り出せ
ないからアトピーや皮膚疾患になりやすいって言われてる。

スポンサーリンク
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)